vst
vst
Piapro Studio(ピアプロスタジオ)|ボーカルエディタ

流れるような操作性と直感的な画面。
ボーカルパートの制作が自由自在な、次世代型ボーカル・エディタ。

Piapro Studio - 次世代ボーカルエディタ

流れるような操作性と直感的な画面で、ボーカルパートを作成!

制作の流れを止めない直感的な画面と軽快な操作性で、小節数の制限なく自在にボーカルパートを制作できます。歌の表現力をアップさせるためのパラメーターが多数用意されており、歌い方や歌声も自由自在!音節の扱いが難しい英語歌詞は、Piapro Studioの「歌詞入力パレット」で簡単に入力できます。

歌手選択とコーラスの作成が自由自在!

Piapro Studioでは最大15人分の歌手が使えるため、コーラスや合唱曲も制作できます。複数の歌手トラックを重ねて表示する「レイヤー機能」では、直感的なハーモニー編集を実現。トラックの先頭ではアイコン画像で歌手を確認でき、見た目にも楽しく制作できます。

VST/AU プラグインとして、主要なDAWと連動!

VST(Win, Mac)またはAU(Mac)プラグインとして、主要DAWアプリケーション(Steinberg Cubase, Cakewalk SONAR, Ableton Live, PreSonus Studio One, Image Line FL Studio, Apple Logic, Apple Garage Band, MOTU Digital Performerなど)と連動。Piapro Studioを使ったボーカルパート制作と、DAWアプリケーションを使ったカラオケ制作を一緒に行えます。DAWアプリケーション側の再生、停止、ループ設定および、テンポと拍子(※1)にPiapro Studioは自動で追従するため、スムーズな制作を実現。

(※1)頻繁にテンポや拍子が変わる楽曲を制作される際はいちどDAWアプリケーションでMIDIファイルを書き出し、そのMIDIファイルからテンポと拍子の情報をPiapro Studioに読み込んで頂くことを推奨します。

AU(Mac)プラグインについて

AU(Mac)プラグインについては、バージョン1.1.0以降より対応します。AU(Mac)プラグインに対応することで、Apple LogicやApple Garage Band上でもお使いいただけるようになります。

ソフトウェア動作環境

  • OS:Windows 7(32/64bit)/ Windows 8(32/64bit)/ Windows 10 (32/64bit)
  • RAMメモリ:2GB以上を推奨
  • その他:インターネット接続環境 / サウンドデバイス / OpenGL 3.0以上に対応したグラフィックボードを推奨 / 1280x768px以上のディスプレイ
  • OS:MacOS 10.7 , 10.8 , 10.9, 10.10, 10.11
  • RAMメモリ:2GB以上を推奨
  • その他:インターネット接続環境 / 1280x768px以上のディスプレイ
ご使用にあたって ● サウンド・モジュールをスムーズに動作させる為に、処理速度の速いCPU及びRAMメモリに十分な余裕があるコンピュータにインストールしてご使用されることをお奨めいたします。 ● ここに掲載している製品の仕様は、予告無く変更されることがあります。

その他の特徴

編集機能

  • 無制限のアンドゥ&リドゥ
  • 「鉛筆ツール」によるスムーズな音符&オートメーションの入力
  • 「ナイフツール」による音符および歌詞の分割に対応
  • 「サウンドプレビュー」機能によって、音符をクリックすることで音程の確認が可能
  • ノートパラメーター(アクセントやディケイ、ポルタメントやヴィブラートなど)の一括編集が可能
  • 再生しながら入力&編集が可能
  • 歌詞の一括入力に対応
  • ショートカットキーによるスムーズなツール切り替えが可能
  • 重なってしまった音符の末尾を自動的に調整
  • 音符とオートメーションカーブを直感的にコピー&ペースト可能
  • デフォルト歌詞と歌手を設定可能
  • ノートパラメーターの一括編集が可能
  • 表現力を高めるためのパラメーターを用意(ダイナミクス、ブレシネス、ジェンダーファクター、ピッチなど他多数)

VSTi/AUプラグイン

  • 64bit DAWアプリケーションに対応
  • マルチアウトに対応
  • Piapro Studioで制作したボーカルパートは、DAWアプリのプロジェクトファイルに保存
  • マルチ・サンプリングレートに対応(44.1k, 48k, 96kHz)

読み込み&書き出し機能

  • VSQ, VSQX, MIDIファイル(初代VOCALOID Editor&DAWアプリ)の読み込みに対応
  • VSQXファイルの書き出しに対応
  • Piapro Studioの独自フォーマット(.ppsf)による読み込み&書き出しに対応
  • WAVファイルの書き出しに対応
  • VSQ, VSQX, MIDIファイルから「テンポ」と「拍子」情報だけを読み込み対応

インターフェース

  • 表示言語の切り替えに対応(日本語、英語、中国語)
  • 複数のオートメーショントラックを表示可能
  • OpenGL(3.0以上)またはDirectXに対応したビデオカードを搭載したコンピューターでは、画面描画の高速化が可能

その他

  • 自動アップデート機能を搭載(要インターネット接続)
  • クリプトン製以外のVOCALOID3/4 歌声ライブラリに対応
  • アイコン画像をカスタマイズ可能